都プロセス は、シルクスクリーン印刷から大型インクジェット出力まで。豊富な技術でお客様のお力になります。

都プロセス

シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷とは 特徴と利用可能なもの

シルクスクリーン印刷は版材に絹・ナイロン・テトロン等の繊維で織ったスクリーンの目を利用します。
スクリーンを特性の枠に四方を引っ張り固定し、その上に手工芸又は、光工学的(写真的)手法で版膜を作り、枠内にインクをいれ、スキージと呼ばれるゴム製の板でスクリーンの内面を加圧・移動します。
すると、インクは版膜の無い部分のスクリーンを透過し、版の下に置かれた被印刷物の表面に押し出され、印刷が行われるという仕組みになっています。
イメージ的にはわら半紙に印刷 していたガリ版印刷やプリントごっこなどもこの一種というイメージがわかりやすいと言われます。
※最近の方ですとチームTシャツ作成のイメージです。
紙はもちろん、ガラス・プラスチック・合成樹脂・金属・布等ほとんどのどのような素材にも印刷が可能なことから紙以外の物に印刷する必要がある場合によく利用されます。

製作工程

  1. 製版用フィルムの出力
    製版用フィルムの出力
    お客様から頂いた印刷データや作成したデータを透明のフィルムに大型インクジェットプリンタにて出力(印刷)します。
  2. 製版
    製版
    準備しておいた版と前工程で出力したフィルムを重ね合わせ、製版用の機械で一定時間紫外線を照射し感光させます。この作業で紫外線のあたった部分の乳剤が化学 反応を起こし固まることによってインクを通さないようになります。
    紙紫外線の照射が終わったら、紫外線が当ってない(乳剤が固まっていない)部分の乳剤を洗い落とします。
  3. 印刷
    印刷
    出来上がった版にインクを乗せ、スキージでインクを擦ると先ほど洗い流した部分だけインクが透過し、印刷できます。
    印刷は印刷物が複数枚ある場合はこの作業を繰り返します。
  4. 仕上げ完成
    仕上げ、そして完成
    印刷した後は、専用のラックに干し、充分に乾燥させます。
    その後裁断やその他の加工を施し、製品となり、お客様の元へ納品となります

pagetop